マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



新築・建て替えの相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
  来年息子(31歳)の結婚を期に、二世帯住宅を建てることを決めました。3階木造で、1階は店舗(和菓子製造販売)の予定です。屋根は、昔風のいぶしの和風にしたいと考えています。まずどんなことに注意したらいいでしょう。



A
  おめでとうございます。どのような家を新築されるかについて、全く情報がありませんので、新築の際に気をつけなければならない点について、いくつかのポイントを上げましょう。
  日本は、ご承知のように、台風や地震など自然災害の多い国です。建物のデザインもさることながら、大切なご家族を守る「安全」面を第一に考えて下さい。次ページ以降の地図は、日本全国の「降雨量」、年間の「平均風速」、(台風)、マグニチュード3.0以上の「地震発生」地域を表したものです。お宅が建てられる地方によって安全の基準が異なりますので、要注意地区の方は、他の地域よりいっそう安全対策に留意すべきものと考えられます。

【雨の多い地域】
  雨漏りは不快なだけでなく、家を長持ちさせる上で大敵です。雨仕舞をしっかりさせ、しかも換気が良く出来る点で、瓦屋根は、湿気の多い日本の気候・風土に最適な屋根材です。数百年前の立派な民家が、いまも堂々とした風格を保っているように、瓦屋根の家は、きちんと管理をすれば、二世帯(代)どころか、三世代〜四世代まで長持ちします。

【風の強い地域】
  「瓦が何枚飛んだ」ということが、風の強さを比喩的に表す言葉として、長く使われてきました。しかし、そうした時代はもう過去のものとなりつつあります。というのも、2000年6月の建築基準法の改正によって、風速に応じたガイドライン工法が決められたからです。
  この工法では、風速46mの強風(時速248km、新幹線並み、50年に一度の大型台風)にも耐えられるような指示がされています。風速46mの地域は、日本全国の中でも沖縄県と鹿児島県の一部島嶼部に限られていますので、その他の地域は、これより低い基準になっています。新築の屋根工事の場合は、それぞれの風速に応じた基準が設けられていますので、(詳しくは【コチラをクリック】)この基準を守る工事になっているかどうかをチェックして下さい。

【耐震構造】
  日本は世界有数の地震国として知られていますが、「地震がいつ、どこで起きるのか」、いわゆる地震予知については、残念ながら、現代の最先端科学をもってしても不可能という結論が出ています。地下のマグマの動きを観察する「ちきゅう号」プロジェクトなどが進行していますが、正確な地震予知ができるまでは、あと数十年はかかると見ていいでしょう。したがって、地震については、ふだんからの心がけが大切です。別図は、最近140年間に、日本及び日本近海で起きたマグニチュード3.0以上の発生地帯を示すものですが、地震が少ないといわれた関西で阪神大震災が起きたように、また活断層の空白地帯といわれた中越地方が大地震に見舞われたように、日本全国どこでも大地震の起きる可能性がありますので、つねに用心を心懸けておきましょう。
  阪神大震災といえば、「瓦屋根は地震に弱い」という誤った風評が、マスコミ等を通じて随分と流されましたが、あの時倒壊した瓦屋根の殆どは、土葺工法といって、屋根の上に盛土をし、さらに瓦を乗せるという古くからある葺き方の民家ばかりでした。自然と重量の重い屋根が上に乗り、柱に筋交いの補強がなかったり、白アリの被害によってモロくなっている場合には、ちょっとした小さな地震の横ゆれでも危険になります。現在新築される瓦屋根の工事では、こうした古い工法より、ガイドライン工法を推奨していますので、瓦屋根だから地震に弱いという根も葉もないウワサは、いずれも払拭されることになるでしょう。
  ところで、地震と木造建築の耐震性についてですが、驚くことに建築基準法では、必ずしも明確に決められているわけではないのです。
[建築基準法 20条]
  「建築物は、自重、積載荷重、積雪、風圧、土圧及び水圧並びに地震その他の震動及び衝撃に対しては安全な構造でなければならない」
[同法施行令第39条]
  「屋根ふき材、内装材、外装材、帳壁その他これらに類する建築物の部分及び広告塔、装飾塔その他建築物の屋外に取り付けるものは、風圧並びに地震その他の震動及び衝撃によって脱落しないようにしなければならない」
  これだけでは、どのようにしたら耐震になるのかハッキリしません。平成12年の建設省告示第1457号(「屋根ふき材等の構造耐力上の安全を確かめるための構造計算の基準を定める件」)でも、複雑な計算式が決められていますが、木造2〜3階建の低層住宅に適合する部分が少ないため、瓦工事業界では、自主的に標準となる工法を決め、それに従って工事を行うことにしました。これが「ガイドライン工法」です。ガイドライン工法では、一定水準以上の性能を保持することを決めていますので、ガイドライン工法を遵守する工事店に依頼するのが安全のためには絶対必要です。(ちなみに、いわゆる悪徳業者でガイドライン工法を守っている所はありません。)

【雪の多い地域】
  日本で雪の多い地域というと北海道がスグに想い起こされますが、日本海側の豪雪地帯も、積雪量では決してヒケをとりません。しかしながら、北海道では金属系の屋根が殆どを占めています。おそらく瓦屋根→重い→積雪でさらに重くなる、といった連想が、軽量といわれる金属屋根を普及させた要因でしょう。しかし、この理由にはあまり根拠がありません。寒さを防ぐ断熱性では、瓦屋根の方が断然上ですし、豪雪地帯として知られる秋田や新潟、金沢、福井などで、特別金属系屋根が多いということもありません。また、世界的に見ても、雪の多い国として知られる北欧3国やデンマーク、ドイツなどでは、瓦屋根が殆どです。   こうしたことから、雪の多い地方では、地域にふさわしい強化工法を施しさえすれば、十分優美な瓦屋根の家を新築することができます。地域で古くから営業していて、ノウハウの蓄積の多い専門工事業者のアドバイスを受けましょう。

ノルウェーの民家
ノルウェーの民家
スウェーデンの民家
スウェーデンの民家
バイエルン(独)の民家
バイエルン(独)の民家
アルザス(仏)地方の民家
アルザス(仏)地方の民家

『日本の年間平均降雪量』

日本の年間平均降雪量

『日本の基準風速』(平成12年建設省告示第1454号)
  日本で平均して風の強い地域は、九州、四国南部、房総半島に偏在しています。建設省では、個別市町村ごとに基準風速を決めていますので、家を新築する時は、その地域がどのレベルにあるかを調べ(詳しくは【コチラをクリック】)、ガイドライン工法に従った工事を行って下さい。

『日本の地震地図』
   近代的な気象観測が開始された明治以降〜現在までの巨大地震の発生地図です。北海道や東北南部、四国、九州が空白になっていますが、大きな被害をもたらす直下型地震ということもあります。地震の多発地帯では、ガイドライン工法によって安全を確保して下さい。

日本の地震地図



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404