マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



ガイドライン工法の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   築後25年の家ですので、屋根の全面葺き替え工事を近くの工事屋さんからすすめられています。「ガイドライン工法ですればあと30年は大丈夫」といわれましたが、屋根のリフォームの場合もガイドライン工法はできるのですか。



A
   「ガイドライン工法」は、新建築基準法に基づいた新工事法ですが、基本的に新築、増・改築、リフォームなど工事の種類を問いません。強風や地震の時に、瓦が飛んだり、脱落しないよう瓦を桟木にしっかり固定し、大切な住まいを長持ちさせる工法ですので、葺き替え工事の時には、ぜひおすすめです。
  但し、築後大分経っているようですので、瓦を固定する肝賢の桟木や野地板など下葺き材、場合によっては瓦屋根を支えるたる木が、雨漏りなどによって劣化(腐ったり、もろくなっている)しているケースがありますので、工事屋さんにしっかりとした屋根診断をしてもらってください。そうした場合、単なる瓦の葺き替えだけでなく、下地材の交換もしなければなりませんので、多少工事代はかさむことになります。しかし、今回そうした全面的リフォームをしっかりしておけば、地域によっていろいろ差はあるものの、30年以上長持ちするのが伝統を持つ瓦屋根の特徴といわれています。これを機会に、屋根の定期診断やメンテナンスに気をつけていただき、大切な家をお守りください。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404