マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



増改築・リフォームの相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
  屋根のリフォームの参考にと思って、昨日、ハウジングセンター(リフォームセンター)を2カ所回りましたが、そこに居る3人の係員に別々に聞きましたら、共通して瓦屋根は高くつくから止めたほうがいいといわれました。瓦屋根は、他に比べて、いったいどれぐらい高いのですか。



A
  おそらくそれは、偶然瓦屋根以外の、スレートや金属屋根のモデルルームのセールス担当に聞いた結果ではないかと思います。屋根工事は、一日で消費するような消耗品と違って、数十年単位で高い、安いを判断しなければならない「商品」です。したがって、リフォーム時の工事費はもちろん、日常のメンテナンス経費、大切な家を守って価値を落とさない経費、夏、冬の冷暖房費などを総合して判断する必要があります。
  たしかにトタン屋根などの工事費は、瓦の場合に比べて当初は安く上がりますが、数年おきに繰り返し行わなければならない塗り替え費用や、夏の冷房費などの差額を考えると、必ずしも安いとばかりはいえません。
  屋根には、耐風、耐震、耐雪などの他に、耐久、耐湿、耐水など、多くの機能が長期間にわたって求められます。これらを総合した上で、はじめて高い安いが判断できます。そういう意味では、瓦は最も経済性にすぐれた屋根材といえます。(→詳しくは【コチラをクリック】
  セールスマンの説明は、おそらく最初の工事費(いわゆるイニシャル・コスト)だけの比較によるものと考えられますので、もっともらしい数字が並べられてあっても、正確な比較とはいえません。「安物買いの銭失い」だけは避けて下さい。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404