マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根の新築の相談集TOP|三州瓦・全国かわら相談室
屋根の新築 増改築・リフォーム 屋根の修理 屋根一般 屋根瓦 三州瓦 屋根工事業者 トラブル処理 瓦屋根と地震 ガイドライン工法
キーワード検索
増改築・リフォーム
瓦屋根をリフォームしたいのですが、補償期間は何年ぐらいありますか。法律で決められていますか。
新築住宅の場合は、平成12年(2000年)4月1日から、工事請負契約や売買契約において10年間の「瑕疵担保期間」が義務づけられるようになり、修理や賠償の請求ができるようになりましたので安心ですが、リフォームの場合は、残念ながらこうした法律の保護はありません。但し、民法637条では、屋根工事等の請負工事について、瑕疵担保責任期間を1年間と定めていますので、1年間の保証はあります。したがって、リフォーム時には、工事業者と直接交渉して、保証期間について、契約書の中に書き込むことが大切です。保証期間は、2年目以降どれくらいの期間かを交渉することになります。

また、忘れてならないのは、工事期間中の事故やトラブル処理です。工事中の職人さんが近くを通行中の人にケガをさせたとか、隣家の車の上に工事用の材料や工具を落としてキズつけたなどの場合に補償をする保険があります。屋根工事店が、そうした補償のための保険(賠償保険や共済制度など)に加入しているかどうか、「工事についてどのような保険に加入されていますか。」と聞いておくのも大切です。業者によっては、欠陥工事を指摘された時の「再工事(修補)保険」に加入している所も多くあります。

更に、住宅瑕疵担保責任保険協会の「登録事業者等の検索サイト」[■HP]では、住宅専門の保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)の審査を受けたリフォーム業者を検索することができます。

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404