マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根一般の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   一戸建て賃貸住宅を出るに当たって、屋根の修理代金を請求されました。これは支払わなければならないのしょうか。



A
   賃貸契約は、全国共通で、家を退去する時は「原状回復」が原則になっています。したがって、居住者の責任によって壁や柱を傷つけた場合には、相応の修理費を負担することが求められています。
  屋根の場合も全く同じです。普通の暮らしの中で、屋根の上に上るようなことはあまりありませんが、入居後にアンテナやその他の設置工事で、作業員が上った時に、瓦を傷つけたり、補修を必要とするような損害を与えたことがあるかもしれません。そうした場合は、他の修理費と同様に支払わなければならないことになります。全く心当たりのない場合は、貸主にそう告げるか、どうしても食い違いがある場合は、住宅紛争処理支援センター【コチラをクリック】にご相談下さい。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404