マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根瓦の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   バスの中で、子供を連れた30代ぐらいの主婦2人が「瓦屋根には断熱材が不要みたいよ」と話しているのが 聞こえてきました。ホントでしょうか。



A
   それは、瓦が断熱材の役割をしているので、瓦屋根には断熱材が必要ない、という意味で話されていたのではないでしょうか。室内の温度を一定に保つために、床、壁、天井(屋根)に断熱材は不可欠です。
  屋根の場合、夏は直射日光を遮って外部からの熱の侵入を防ぎ、冬は室内の熱を外部に逃がさないようにすることが断熱材に求められます。
  最近大きな話題になったように、昭和30年代以降、普通の民家でも、断熱材としてアスベスト(石綿)が大量に使われ、健康に大きな危険を及ぼすことが報じられました。断熱材にこうした心配をしなければならないのは、大変理不尽ですが、被害が30〜40年後にはじめて表れるとなると、見逃すわけにもいきません。
  瓦には、その断熱材と同じ働きがあり、スレート系や金属系屋根材よりも優れていることが熱伝導率テストなどで裏づけられています【コチラをクリック】。瓦屋根が夏涼しく、冬暖かで、しかも冷暖房費の軽減や結露防止、そしてお住まいの方の健康維持にも一役買うのは、高い断熱性を備えているからなのです。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404