マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根瓦の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   実家の屋根を葺き替えることになりました。父は鬼瓦が大変気に入っており、それだけ残したがっていますが、可能ですか。



A
   結論から申し上げますと、瓦を一部だけ葺き替える場合、他の瓦を残すことができるように鬼瓦も残して、また使えます。ただし、棟の段数にあわせて鬼瓦の大方の大きさが決められているため、念のために工事店にもお尋ねください。
  価格は鬼瓦により千差万別です。たとえば、「カエズ又ギ鬼」という一般的な鬼瓦で、寸法が7寸のものは、製品価格だけで1個数千円します。決して安いものではありませんし、お父様の愛着のある鬼瓦なら、なるべく再利用された方がいいでしょうが、実際に再利用できるかどうか業者にご相談ください。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404