マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



三州瓦の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   家を新築するので屋根には三州瓦をと考えていますが、会社の同僚に「三州瓦は高いからスレートにした方がいいのでは」といわれました。ホントでしょうか?



A
   イニシャルコスト(当初費用)でいえば、スレート系屋根材は確かに三州瓦よりも安いですが、後々メンテナンスコストがかさみ、結果的には高いものにつきます。
  たとえば、三州瓦の陶器瓦の設計価格は1平方メートル当たり約8,500円、彩色石綿スレートは約5,000円が標準的な予算の目安で、屋根面積100平方メートルに使用した場合、三州瓦は約850,000円、彩色石綿スレートは約500,000円で、スレートの方が安く仕上がります。
  ところが、スレートの場合、10年も経てば色があせてきますから、屋根の塗り替えが必要になります。塗装料金は1平方メートル当たり約5,000円で約500,000円かかりますが、さらに20年経てば、スレートはまた退色して、塗装料金がさらに約500,000円必要になります。
  つまりスレート系屋根材の場合、家を建ててから30年間で約1,000,000円の塗装料金がかかり、トータルコストでは約1,500,000円の費用が必要になります。ところが、三州瓦は色あせしないため、塗装などのメンテナンスの必要が少なく、30年後のトータルコストで計算すれば、約650,000円も安くなるわけです。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404