マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根工事業者の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   瓦が割れた時のために予備を頼んで保管しておくことはできますか。まだ予備の瓦は、どのように頼んだらいいですか。



A
   できます。ご自宅に保管場所がある場合は、野ざらしにしないで保管してください。しかし、よほど特殊な瓦でないかぎり、こうした心配はあまりなさらないほうがいいかと思います。
  1〜2枚程度の瓦の割れならご自身で修理できると考えておられるならなおさらです。一般の方が屋根に上がるのは危険ですし、その「修理」がもとで雨漏りなどを誘発するケースがありますので、たとえ小さな修理であっても、専門の工事店に頼んでください。
  また、追加の瓦をご注文する時は、工事を担当した工務店または専門業者にお願いして下さい。三州瓦のメーカー各社には、常時1000種類以上の瓦が用意されています。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404