マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



トラブル処理の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   つい先日、屋根の葺き替え工事が終わり、支払いも済みましたが、出来上がった瓦の色が私のイメージしていたものと微妙に違うことに気付きました。工事のやり直しはできますか。工事が始まる前に、瓦は、同じサンプルがないとのことなので、工事屋さんの見せてくれたカタログで決めました。



A
   瓦は日用品や家具と違って、スグ買い替えることができない長期(およそ30年以上)に長持ちする商品ですので、商品選びは慎重の上にも慎重な姿勢が必要です。
  ご相談のケースは、残念ながら2つのミスを犯しています。一つは瓦選びの段階です。実物のサンプルを見ないで決めたということですが、業者に強く言って、実物のサンプルを何種類か取り寄せてもらい決めるべきでした。 実際の瓦の色は、微妙な質感の違いや釉薬の具合によって、あるいは晴れの日と曇りの日では、色が違って見えたり、パンフレットなど印刷物では分からないケースがあり得ます。いったん注文してしまうと、業者はその瓦を大量(1000枚単位の必要枚数)に仕入れてしまいます。 この時点で業者には何の落ち度もありません。2番目は、工事代金の支払いです。契約上、工事代金をすべて支払ったということは、あなたがOKを出したのと同じです。支払い前であれば、値引交渉などの方法がないではありませんが、それもできません。この点でも業者には何のミスもありません。残念ながらこの結果を受け入れるしかないでしょう。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404