マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根の新築の相談集TOP|三州瓦・全国かわら相談室
屋根の新築 増改築・リフォーム 屋根の修理 屋根一般 屋根瓦 三州瓦 屋根工事業者 トラブル処理 瓦屋根と地震 ガイドライン工法
キーワード検索
トラブル処理
何度も断ったのですが、あまりにしつこく勧誘されたため、結局リフォーム工事(お風呂場と屋根の補修工事、128万円を60回クレジット払い)の契約をしました。
ところが工事が予定日になっても行われないため電話をした所、2日程度遅れるといったきり、4日たっても音沙汰がありません。不安なのでいったん契約を解除したいと電話でいったら、解約できないと言われました。契約を解除する方法を教えて下さい。
ご相談の件は、おそらく訪問販売の件でしょうが、クーリングオフがききます。

特商法第9条には「書面により契約の解除を行うことができる」と書いてありますが、口頭(電話)によるクーリングオフも有効と認める判決もでていますので、裁判に持ち込むまでもなく、契約は解除できます。

但し、文書で契約解除をしたいむねを書いて、書留または配達証明で相手先に送って下さい。訪問業者の営業マンの中には、クーリングオフ制度や特商法についての知識が皆無で、おどし口調で根拠のない話(いま解除すると違約金が半分とられるなど)をする人間もいますので、ご注意下さい。

特に、お年寄りを相手に、不必要な工事を次々に押し付ける「次々販売」が、国会でも取り上げられるほど頻発していますので、悪質な業者の疑いがある場合は、国民生活センターの消費者ホットライン(電話:188)やお近くの消費者相談センター[■HP]にご相談下さい。 仮に業者が応じない場合は、専門の住まいるダイヤル[■HP](電話:0570−016−100。公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター)がありますので、ご相談下さい。

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404