マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根の新築の相談集TOP|三州瓦・全国かわら相談室
屋根の新築 増改築・リフォーム 屋根の修理 屋根一般 屋根瓦 三州瓦 屋根工事業者 トラブル処理 瓦屋根と地震 ガイドライン工法
キーワード検索
トラブル処理
「お風呂場の修理が半額」というチラシを見て頼んだ所、2日程でタイルの補修工事が済みましたが、「お宅も大分あちこちガタが来ているねぇ、とくに屋根は葺き替えたほうがいいよ。」といわれ、金額を聞くと「まぁ200万円ぐらいかねぇ。」といわれました。これって安いのでしょうか。築20年36坪の2階屋です。
もう少し詳しいお話を伺わなければなりませんが、いまあちこちで「次々販売商法」というのが問題になっています。最初は少額の修理を行って、相手を見ながら、次々とリフォームをすすめる悪徳商法の一つです。

ご相談のケースは、形は大変似通っていますが、本当にお宅のことを心配してのアドバイスかもしれません。高額の契約をする前に、必ず次の手順を守って下さい。
  • その業者が地域で何十年も営業していて信頼できるかどうか(資格を持った技術者がいるかどうか。近くで施工した例があるかどうか等)詳しく調べる。(分からない時は、一般社団法人全日本瓦工事業連盟の公式サイト[■HP]で探すことができます。)
  • きちんとした見積り(金額、工事場所、内訳、工事期間等を明記したもの)をとる。
  • 契約に当たっては、契約書、契約約款、図面、仕様書等が、揃っているかどうかチェックする。
こうした手順を踏んで、大きな問題がなければ合格です。工事価格は、そのお宅ごとに違いますので、高い安いは一概に言えません。できればあと2社ぐらいから見積りをとって比較してみて下さい。

また、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは「リフォーム見積チェックサービス」[■HP]を行っていますので、契約前にこちらへ相談されるのも良いでしょう。

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404