マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



瓦屋根と地震の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   傾斜地なので、表から見ると2階建てで、裏にまわると3階建てという木造3階建ての家を考えています。木造3階建ては、地震に強くないということなので、瓦屋根にしたいのですが大丈夫でしょうか。注意点があったら教えて下さい。



A
   柱や梁の太さ、耐震壁の数と配置、床材の耐震固定など、建物の躯体にしっかりした耐震施工をしていれば、3階木造の場合でも、瓦屋根には何の心配もいりません。瓦屋根は地震に弱いという非科学的な風評にばかり気を取られず、しっかりした3階建てを建てて下さい。
  木造3階建てを建築する場合、屋根の重量を問題にされる方が多いようですが、耐震を考えると、躯体そのものの強度に留意することが必要です。地震や台風の時には、2階建てよりも建物が横にねじれることが多く、3階より1階に強い力が加わります。建物は壊れなくても、横にねじれた状態が元にもどらず、窓やドアが開けにくくなって、使用不能になったケースも報告されています。こうした被害を防ぐ第1は、耐力壁です。木造3階建ての場合、耐力壁は1階の方が多く、3階部分は少なくてすみます。また、2階建てではあまり問題とならない床材と梁の固定法も重要なポイントです。ご相談のケースは、注文住宅のようですので、こうした心配はあまり必要なさそうですが、最近増えている3階建て建て売り住宅の場合など、床材の耐震性をおろそかにしている例が散見されますので、注意が必要でしょう。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404