マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



瓦屋根と地震の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   先日、偶然阪神・淡路大震災の写真記録集を見ていたら、瓦屋根は全く無キズなのに、家がツブれていたり、道一本はさんで手前の家は完全に倒壊しているのに、向こうには何の被害も受けない瓦屋根の家があったり、とても不思議でした。この違いは一体何なのでしょう。



A
   大変良い所に気付かれました。阪神・淡路大震災の被害の中で最も印象的だったのは、高速道路が一気に横倒しになった写真でした。人間の眼は、どうしても倒壊した高速道路に向かいがちですが、同じシーンでも、ちょっと視点をズラして、道路沿いの家に目を向けて下さい。瓦屋根の家が、高速道路と同じように倒壊していますか? そんなことは全然ありません。また倒壊した家と無キズの家が並んで写っている写真もたくさんありますが、いずれも瓦屋根の家です。「瓦屋根は地震に弱い」という噂に対するこれ以上の反証はありません。地震による家の倒壊は、瓦屋根が理由ではないのです。
  ではなぜこうしたことが起こったのでしょう。原因はいろいろ考えられますが、最大のポイントは、家屋の構造全体のバランスです。家を支える柱や梁が細かったり、耐力壁がなかったり、開口部が大きすぎたり、バランスが崩れていれば、瓦屋根であるかどうかに関わらず、家は大きな被害を受けます。屋根は無キズなのにツブれてしまった例などは、この典型といえるでしょう。もちろん、地震によって瓦がズレたり、落下したりは屋根業界の責任です。業界では、阪神・淡路大震災以降、地震に強い工法を研究して、様々な改善策をとっています。震災から約10年、いま瓦屋根業界全体が新しい時代を迎えようとしていますので、温かく見守り下さい。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404