マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



瓦屋根と地震の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   6階建てのマンションの住民です。建物自体は鉄筋コンクリート造りですので、地震の心配はあまりないのですが、マンションの屋上部分には、大きな瓦屋根が乗っています。瓦屋根は地震に弱いということを聞いたのですが、イザという時、瓦がバラバラ落ちて来るような危険はないのでしょうか。



A
   本来、非木造建築物と瓦屋根はなじまないとされてきたのですが、こうした工事ができるようになった背景には、ゼネコンや瓦工事業者の団体、建築研究所、国(国土交通省)等の様々な研究や経験があります。第1には、平成7年、建設省(当時)が公募した「中層建築物の耐風型勾配屋根の開発」に、大臣技術評価を獲得した「JKK工法(全瓦連中層屋根強風施工)」があります。JKK工法は全国の信頼できる瓦工事業者の組合である全瓦連が、耐風性の高い施工方法として技術開発したものです。また、平成10年には、(財)日本建築センターによって、「瓦耐震マニュアル(中層ビル用・低層住宅用)」がまとめられ、平成12年の建築基準法の改正に当たっては、施工のためのガイドラインが決められています。このようにして、コンクリート造りのマンションの大屋根は、法律に決められた規準を超える工法を採用していますので、ご心配のような危険はないといっていいでしょう。
  最近とくに、マンションなど非木造の中高層の建物に、大屋根をつける工法が増えているようです。景観的に見ても、単なるコンクリートの四角い箱の外観より、ずっと魅力的なのは確かなようです。つい一昔前までは、瓦屋根といえば木造建築、と相場が決まっていましたが、最近では、公共建築物や劇場などでも、大きな瓦屋根をつけた例が多くなってきました。お住まいのマンションも、そうした大きな流れの一環と思われますので、まずはご安心下さい。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404