マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根の新築の相談集TOP|三州瓦・全国かわら相談室
屋根の新築 増改築・リフォーム 屋根の修理 屋根一般 屋根瓦 三州瓦 屋根工事業者 トラブル処理 瓦屋根と地震 ガイドライン工法
キーワード検索
増改築・リフォーム
いまリフォーム業者に工事をやってもらっていますが、こちらの注文を聞き流すばかりで、約束を守ってくれません。途中解約ができるかどうか教えてほしい。
まず、簡単でハッキリした事実を申し上げますと、相手方に相当の過失がない限り、いったん結ばれた契約は解除できないということです。したがって、仮契約書や工事依頼書に安易にハンをつくことは、トラブルのもとになります。

クーリングオフによる契約解除のできる訪問販売の場合でも、きちんとした書面による通知が必要です。消費者契約法では、契約解除の出来るケースとして、以下のようなケースを挙げています。
  1. 不実告知(事実と異なるウソの説明をした)
  2. 不利益事実の不告知(消費者に不利益となることを隠した)
  3. 断定的判断の提供(これ以上の経費は必要ないといいながら、追加工事の名目で請求した。次々販売はまさにこのケースです)
この他にも業者がいっさいの賠償責任を負わない等の項目を契約書の中に記載した等、いわゆる悪質業者が意図的に消費者をダマして、手抜き工事をするような場合は、十分解除の理由になりますが、それ以外の、法律に抵触しないようなケースの場合は、まず無理と考えておいたほうがいいでしょう。 しかし、納得がいかない場合は、住まいるダイヤル[■HP]など、専門の機関にご相談下さい。

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404