マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根の新築の相談集TOP|三州瓦・全国かわら相談室
屋根の新築 増改築・リフォーム 屋根の修理 屋根一般 屋根瓦 三州瓦 屋根工事業者 トラブル処理 瓦屋根と地震 ガイドライン工法
キーワード検索
三州瓦
家を新築するので屋根には三州瓦をと考えていますが、会社の同僚に「瓦は高いからスレートにした方がいいのでは」といわれました。ホントでしょうか?
これは、屋根の価格を最終的にどのように考えるかの問題です。屋根は、一日で消費する生鮮食料品などと違って、非常に息の長い「耐久商品」です。瓦屋根の商品の寿命は、ふつう30年といわれ、三州瓦は50年以上ともいわれています。それを基準に考えると、その価格の中に次のようなものが含まれているのが分かります。
  1. 新築(あるいはリフォーム)時の屋根の代金(材料費と屋根工事費、いわゆるイニシャルコスト)
  2. メンテナンス費(30年間の間に必要とされる改修費、補修・修理費)
  3. 冷暖房費など30年間に必要とされるエネルギー費
高い、安いという議論は、これらすべてを合計した上で比較しないと正確な所は判断できません。

瓦屋根は高いというご指摘は、おそらく上記の内の【1】イニシャルコストだけを比較しているものと考えられます。瓦屋根は、金属系やスレートの屋根に比べイニシャルコストは割高(10%〜20%程度)になりますが、【2】メンテナンス費、【3】エネルギー費については、断然他の屋根材を引き離し、商品寿命である30年の合計の差し引きでは、むしろ「安価な耐久商品」となります。私たちメーカーは、他の屋根に比べ、瓦屋根を「安い」と考えています。


PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404