マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根の新築の相談集TOP|三州瓦・全国かわら相談室
屋根の新築 増改築・リフォーム 屋根の修理 屋根一般 屋根瓦 三州瓦 屋根工事業者 トラブル処理 瓦屋根と地震 ガイドライン工法
キーワード検索
トラブル処理
田舎の高齢の母が、業者に自宅の屋根のビデオを見せられ、いまスグ修理しないと家が持たない、近所にも迷惑がかかるといわれ、その場で葺き替え工事を頼んで、手付け金も払ってしまったそうです。
10数年前に葺き替えしたはずなのにおかしいと思い、私の方から業者に一時中止を伝えたら、中止はできないとかなり高圧的にいわれました。工事を一時ストップさせるには、どうしたらいいですか。
断言はできませんが、悪質業者の手口の一つであるいわゆる「見本商法」によく似ています。高齢者が屋根の上をチェックできない点につけ込み、無料点検と称して屋根を写真やビデオ撮影しているフリをして、別に撮影した損傷のはげしい写真やビデオを見せて不安を募り、契約をさせてしまうやり方です。契約をした本人は、「親切な工事屋さん」などと思ってしまいがちなので、契約の取り消しなどにかえって時間がかかることがよくあります。 国民生活センターの調査によると、悪質リフォーム被害者の多くが高齢者です。

ご相談のケースがこうした場合にソックリな場合、お母さんを説得して、住まいるダイヤル[■HP](電話:0570−016−100。公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター)など、専門の機関にご相談下さい。クーリングオフの期間が過ぎていたりすると、話合いによっても手付け金が返って来ないこともありますが、被害を最小限に止めることができるかもしれません。

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404