マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


 













三州瓦の歴史

三河木綿ともご縁のあった三州瓦
  西三河地方の古くから知られた産業といえば、瓦のほかに木綿があります(こちらは何故か「三州木綿」とは呼ばず「三河木綿」の名で親しまれています)。歴史としては木綿の方が古くから産業化し、国産の木綿が用いられるようになったごく初期の16世紀の初頭から、文献にも「三川木綿」あるいは「三河木綿」という文字が見られます。瓦用の粘土の豊富な土地では稲作には適さないので、綿を栽培するようになり、それが一大産業になったのでしょう。
  瓦と木綿。一見なんの関係もなさそうな産業ですが、両方の名産地である三州ではこの2つを結ぶものがあります。「おさえ瓦」という瓦です。
  多くの農家では、採れた綿花から女性が糸を紡(つむ)ぎました。このとき糸車を使いますが、これは作業が少しでも楽にできるように、とても軽くできています。ところが軽いとちょっと困ることがあります。それは車を回すと糸車全体がぐらぐらしてしまうことです。そこで安定させるための重しが必要になります。三州の女性たちはこの重しに瓦を使いました。これが「おさえ瓦」。サイズは色々ですが平均的なところで、長さ25p、幅15p、厚さ4pくらい、表面にはたいてい美しい模様や家紋が刻まれています。
  昔は高浜や碧南の農家ならどこにでもあったそうで、女性たちにとって大切な嫁入り道具の一つだったともいいます。ただの石でもすませられる重しに瓦を使い、しかもそれに飾りの模様や家紋を入れて美術品にしてしまう。そんな女性たちの手で紡がれ織られたものだからこそ、三河木綿は高品質な木綿として全国的に名高いものになったのでしょう。

おさえ瓦
おさえ瓦

BACK NEXT

その1  百済から瓦博士がやって来た その11  世界のどこにもなかった塩焼瓦(赤瓦)も三州生れ
その2 瓦の技術が全国的に広がった時代 その12 釉薬で美しい色瓦を
その3 需要の減った平安時代、過渡期となった鎌倉時代    その13 よい製品を低コストで・・・機械化の歩み
その4 室町時代、瓦の技術が大きく進歩した その14 煙を出さずに瓦を焼く
その5 安土城の瓦を焼いた明の一観 その15 トンネル窯の登場で飛躍した生産性
その6 桟瓦の登場で民家にも瓦が使われるようになった その16 三州瓦のいま
その7 三州で瓦が造られるようになったのはいつ?     ●産業廃棄物を出さないために:シャモット工場
その8 三州瓦の恩人・・・江戸町奉行・大岡越前守     ●愛知県瓦高等職業訓練校  ●最新鋭の瓦工場
その9 三河木綿ともご縁のあった三州瓦
その10 近代の瓦技術をリードしてきた三州瓦 参考文献  
    ●フランス瓦をいち早く  ●S型瓦の開発    

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404