マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



屋根一般の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   隣の家から、雨が降った時にしぶきがかかるといわれました。何かいい防止策はないでしょうか。



A
   建築基準法では、家を建てる時は、隣家との境界線から50cm以上離して建てることが決められています。つまり、隣家との距離は、双方合わせて、1mは離れているわけですから、本来なら、ご相談のようなケースが起きないようになっています。
  しかし、実際に起きているわけですから、何らかの原因があることは確かです。一番に考えられるのは、2階の雨樋がつまったり、破損したりして、溜った雨水がダイレクトに1階の屋根をたたき、それがしぶきになって隣家に迷惑をかけているケースです。
  建築基準法を双方が守っているかどうかの検討に加え、自分では気づかないこうした小さなことが原因でトラブルが起こることがよくあります。大雨の日などにご自分で確認して、専門の工事店にご相談して、原因を早くとり除いて下さい。こうした小さなチェックが、結局あなたご自身の家を長持ちさせることにもつながります。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404