マルスギ株式会社

和瓦・洋瓦など屋根瓦(防災瓦・軽量瓦)。地震・台風に強い三州瓦の紹介。

文字サイズ小中大


   









 



ガイドライン工法の相談集

かわら相談室TOPへ

新築・建て替え

増改築・リフォーム

屋根の修理

屋根一般

屋根瓦

三州瓦

屋根工事業者

トラブル処理

瓦屋根と地震

ガイドライン工法




Q
   専門学校の建築の教師をしています。木造建築の授業に、いま話題のガイドライン工法の施工例を見学させたいと思っていますが、どこに行けば見られますか。一般の工事でも、外から一目見て判断できる特徴がありますか、教えてください。



A
   ガイドライン工法は、基準風速、屋根勾配、高さ、瓦の種類等によって数十〜数百もの施工方法が考えられる21世紀の屋根工事の基準ですが、施工が完了した瓦屋根の外観からは、従来の工法と見分ることができません。
  ガイドライン工法は、瓦を桟木に緊結させるためのクギの種別や数、瓦同士をとめるクギ(ステンレススクリュー釘等)の種別や数、補強用材としてのネジの長さや種別等、また全数緊結か一枚おきか等、施工方法は、千差万別で、「これがガイドラインの代表」といえるものはありません。(もちろん施工モデルはたくさんあります)
  したがって、現在、全瓦連加盟の工事業者の行っている屋根工事は、ガイドライン工法で行われていますので、工事現場は全国どこにでもありますが、たまたま見学した一つの現場を見ただけで、「ガイドライン工法」を理解するのはなかなかむずかしい、といえましょう。詳しくは、全瓦連【コチラをクリック】にお訊ねください。



 

サイト内検索 ANDOR      
愛知県陶器瓦工業組合

PAGE TOP

和瓦・洋瓦など屋根瓦製品紹介。地震・台風に強い三州瓦の紹介。CADデータなど。

三州瓦:マルスギ株式会社

マルスギ株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町四丁目2番地30  TEL 0566-52-0211 (代)  FAX 0566-54-5404